キリト「はああああ!」シュキーン 


モンスター「がああああ」パシューン 


キリト「ふう。」 


パッパラパー 


キリト「お、レアドロップか。新しい装備に変えて今の装備は売るかな。さ、帰ろう」 


 

 


キリト「さて、競売に 


シリカ「あ、キリトさん!」 


キリト「あ、シリカ。どうしたのこんな所で」 


シリカ「ええ、ちょっと競売に新しい防具を見に」 


シリカ「あ、キリトさんは新しい防具なんですね!いいなぁ」 

 

キリト「うん、今レアドロップしてね。あ、よかったら前の防具使う?黒だけど 


シリカ「え、ホントですか?いくらですか?200万あれば足りますか?」 


キリト「え、いやお金いらないよ。凄い食いつきだねはい」ポチポチ 


シリカ「これがキリトさんの 


キリト「うん、それでいいかな?」 


シリカ「は、はい!もちろんです!あ、ちょっと用事思い出したので失礼しまーす!///」タタタ 


キリト「あいっちゃった。装備貰ったらすぐ帰っちゃうってなんか少し悲しいかな 



部屋 


シリカ「ああああ!キリトさんキリトさんの匂いに包まれてる!ああああ!最高です!最高ですうううう!!」クチュクチュ 

 

キリト「うーん、この間拾った防具あまりよくないなぁ。前のにしとけばよかった」 


キリト「そうだ、リズなら強化出来るかも。行ってみるか」 



リズベット武具店 


キリト「こんにちはー」 


リズ「はーい、あ、キリト!」 


キリト「こんにちはリズ。実は、お願いがあってさ」 


リズ「お願いって?」 

 

キリト「今着てる防具の強化お願いしたくて」ヌギヌギ 


キリト「はい、これ」 


リズ「おお、これは 


キリト「できそう?」 


リズ「出来るけど1週間かかるわね。そして大変だから報酬も高いわよ?」 


キリト「そんなにかかるの?で、報酬はいくら?」 

 

リズ「報酬はお金じゃないの。実は二つお願いがあって」 


キリト「うん?」 


リズ「まず、防具の耐久テストをお願いしたいの。この防具の代わりに私が作ったこれを装備して、1週間戦ってきて」 


キリト「あ、色は黒にしてくれてるんだ?こっちも防具無いから助かるよ。もう一つは?」 


リズ「私用のマントを取ってきてほしいの。60層のレアモンスターが出すらしいんだけど」 

 

キリト「そんなレア装備聞いたことないけどまあそれくらいなら」 


リズ「それは報酬だから、1週間後に頂戴。その間そのマントも装備して耐久テスト宜しく!」 


キリト「え?着るの?」 


リズ「だって私が装備して弱かったり呪われたらいやだし。じゃ、頼んだわよー」フリフリ 


バタン 


キリト「俺嫌われてるのかな」トボトボ 

 

リズ「」カタン 


閉店 


リズ「 


リズ「キリトの防具!!」 


リズ「あああ、やっと、やっとメンテ!もー、この時をどんなに待ちわびたか!!」 


リズ「ああああああキリトの汗の匂い堪らない!ああ、キリトキリト!いい匂いだよおおおおお!」クチュクチュ 


 

一週間後 


キリト「ふう。一週間頑張りすぎたな。でも、戦果もバッチリだ」 


キリト「リズ、防具出来たー?」 


リズ「あ、キリトいらっしゃい 


キリト「え?リズどうした?そんなにやつれて!」 


リズ「ううん、ちょっと頑張りすぎちゃって疲れてるだけよ。はいこれ」 

 

キリト「うわ、金属部分凄く磨かれてる。その上にしっとりとした布の肌触り流石リズだな」 


リズ「う、うん。ちょっと薬品くさいのは我慢してよね」 


キリト「ああ、大丈夫!で、これ借りてた防具とマント。」 


リズ「!!!」 


リズ「お、おおお」 


ガシッ 


リズ「これよこれ!これを待ってたの!キリト、ごめん今日は閉店!また来てね!」 


キリト「え?ちょっとリズ!?おーい!」 


バタン 


キリト「俺って装備持ってくるだけの男なのかな 


 

部屋 


リズ「体力的には限界だけどこのまま死んでもいい!」 


リズ「ああキリトの匂い!!!!たまらなあああああい!!!!」クチュクチュ 


リズ「包まれてる!キリトにつつまれてるよぉおおお!ああ、キリトあいしてるううう!」クチュクチュ 


 

70 


キリト「ふう町に戻りたくなくてここまできちゃったなぁ」 


アスナ「キ・リ・ト・君!」 


キリト「うわっ!アスナ?どうしたのこんな所で」 


アスナ「そんなに驚くことないでしょ。それよりも聞きたいことがあるんだけど」 


キリト「何?」 


アスナ「最近女の子に装備あげてるらしいじゃない。どういう事?」 

 

キリト「え、それは 


アスナ「リズなんてわざわざメッセージしてきたの。キリト君に貰ったんだって大喜びだったわ」 


キリト「そっか」 


アスナ「レアモンスタードロップのくせに能力もないマントをよ?競売じゃ1000くらいなのに。」 


キリト「え?そんなもんなのあれ」 


アスナ「そうよ?価値なんてほとんどないのにさ。あーなんなのよもう」 


キリト(じゃあ、リズが喜んだのはアイテムが嬉しくてじゃないのか?) 

 

アスナ「それにシリカちゃん?にも防具あげたでしょ」 


キリト「え、なんで知ってるの?怖いんだけど」 


アスナ「黙ってて。で、そのシリカちゃんも大事にしてるらしいわよ。なんかそのあとすぐ上位の防具出たらしいけど、上位の方を競売に出したそうよ」 


キリト「シリカ 

 

アスナ「で、そうやって女の子に装備あげまくってるキリト君は、なんで私にはくれないの?」 


キリト「え?」 


アスナ「だってそうじゃない!私にも何かくれてもいいんじゃないかなぁ」チラッ 


キリト「 


アスナ「ねぇ、キリト君聞いてる?私にも防具を」 


キリト「最低だ」 


アスナ「えっ」 

 

キリト「アスナがそんな事言うなんて思わなかったよ。シリカもリズも、アイテム目当てなのかって思ったけど、そんなに大事にしてもらってたなんて嬉しかったのに」 


アスナ「え?え?違うよ!私もみんなと同じ様に 


キリト「ごめん、リズとシリカのところいってくるから」パシューン 


アスナ「 


アスナ「なんで私だけ悪者なのー!!!!」 

 

キリト「シリカとリズを疑うなんて素直に謝ろう。」 


キリト「まずはシリカはと」 


キリト「シリカの部屋はここか」コンコン 


… 


キリト「あれ?返事がない」キキミミ 

 

シリカ「ああんキリトさん!キリトさんの匂いで一杯ですぅ!キリトさん大好きいい!」クチュクチュ 


キリト「oh… 

 

キリト「えっえっき、聞かなかったことに…/// 


 

リズベット武具店 


キリト「さっきは驚いたなぁまあシリカも女の子だししょうがない!うん、しょうがない」 


キリト「閉店?おーい、リズー」ガチャ 


キリト「…oh 


キリト「あられもない姿でリズが寝てる俺が借りてたマントと防具はグショグショじゃないか」 


キリト「という事はこの防具も 


キリト「 

 

リズ「キリトぉ大好き」ギュッ 


キリト「マントを抱きしめてる 


ガチャ 


キリト「そういう事だったのか 


つづく 

2/2→http://animessbooks.blog.jp/archives/16423642.html




引用元
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1346818268/